こんにちは!

前回お知らせしたまま更新がすっかり遅くなってしまいましたが、体外受精に向けていよいよ動き出しました!

タイミング治療で約半年通った病院は人工授精までしか出来ないので、紹介状を書いてもらって転院することに。

 

転院を決めたとき、そこの先生や看護師さんたちに「頑張ってきてね!何かあったら何でも相談に乗るから。妊娠出来たらすぐに戻っておいで」と言ってもらって、頑張るための背中を押してもらってきました。

 

うすだレディースクリニック

転院先は吉祥寺にある「うすだレディースクリニック」という高度生殖医療をしている不妊治療でとても有名な病院

※料金表はこちら

 

初回は夫も一緒に来て説明を受けて欲しかったので、土曜日の受診。病院は9時からなので、土曜日だけど30分前くらいに行けば余裕かな♪と思ったら…さすが人気の病院なだけあって、すでに10組くらいが階段にまで並んでいるではありませんか。。

 

二人目不妊の治療で辛いのは子連れ通院の難しさ

 

やはり不妊治療の専門の病院ということもあるので、なるべく息子は預けて通院しようと思っています。

 

と言ってもまだ保育園にも幼稚園にも通っていないので、家族の協力が不可欠

今日は夫も一緒だったのでばぁばと病院の近くで待っていてもらうことに。

 

息子の機嫌はもつだろうか…と気になって仕方ない(>_<)

 

ちなみに、とてもキレイな病院なのですが、入口がわかりにくくてちょっとグルグルしてしまいました^^;

 

ホテルに併設しているのですが、ホテルの正面入口からは病院に入ることは出来ず、建物沿いを曲がるとそこにも裏口のような入口があってそこからエレベーターにのぼって入ります。

 

今回の診察と血液検査

私の場合は前の病院ですでにタイミング治療も試していて、重度のPCOSということも、OHSSになってしまうこともわかっていて紹介状に詳しく書いて頂いていたので、診察は特になしで体外授精の説明に移っていき、今日は血液検査をすることに。

 

無駄がなく、私にはこのスピード感はありがたいなぁという印象。

 

人によっては、あまりのサクサク具合に困惑するかも?先生は早口でちょっと恐いという口コミを目にしていたけど、思ったより早口でもなく、何より恐いという印象はなく熱心な先生というイメージ

 

不妊治療においてはやっぱり信頼出来る先生に出会えるかどうかってすごく重要なことだと思う。

どんなに腕が良くても自分との相性ってあると思うし。

doctor

 

採卵のときにはちゃんと麻酔を使って2時間ほど休んでから帰るとの説明。

 

大きい病院だと効率を重視して麻酔を使わないところもあるって聞いていたから一安心

 

前に別の病院で通水の治療を受けた時に死ぬかと思うほど痛くて、それ以来痛みを恐れるようになっていたから、麻酔なしだったらどうしようかとの不安もあったので^^;

 

 

さて、今回かかった費用は…

 

  • 病院 19,600円(※血液検査の自費分が16,200円 あとは保険適用分の初診料、処方箋料、検査料。)
  • 薬局 840円 プレマリン錠 1日2錠×17日分
    プラノバール配合錠 1日1錠×17日分

 

 

うーん、やっぱり血液検査高いな…病院を変える度に血液検査を受けているから、けっこうな出費。。

 

毎回時間も経ってるしその都度受けなきゃいけないのはわかっているのだけど…。

どうせ多分また異常なしなのになぁとも思ってしまう(-_-;

 

次回の診察

今日からプレマリンとプラノバールを服用して、子宮の状態を整えるのと、病院がちょうど夏休みになってしまうのでタイミングを合わせる意味も込めて、いわゆるカウフマン療法を開始することに。

 

次回は5日後くらいに血液検査を踏まえて治療の進め方を相談しにくるのと、あとは念のため夫の精子検査もすることになりました。

 

ちなみに今回かかった時間は8時半に並んでから11時に薬局で薬をもらい終わるまでトータル2時間半くらいかな。

 

家族の支え

family

診察も終えてお会計を待っている間、体外受精に治療を進めていくつもりで病院にきてはいたけどいざ始まると思ったら何となく不安なのとか、お金もやっぱりたくさんかかるから夫に申し訳ないなぁ…とか色々考えて少し落ち込み気味に。

 

それを察したのか隣にいた夫から、

 

新しい家族が増えるんだから、楽しみながらやろうね。

 

生まれてきた子に、『あんたのときは大変だったんだよ』だとかわいそうだから、『大変だったけど楽しかったよ。3人で待ってたんだよ』って言ってあげようね。

 

とLINEが送られてきて、不覚にも感動してしまった^^;

不妊治療を励ますLINE

※このあと旦那から「たまにはじゃないでしょ!」と怒られました(笑)

 

不安や辛いっていう思いが大きくて「楽しみながら」っていうことを考えられてなかったことに気付かされました。

 

たしかに新しい家族を迎えにいく準備しているのに大変だとか辛いとかばっかりだなんて違うよね。

 

もちろん辛い時もたくさんあるけど、そんなときはやっぱり家族の支えがとても大切だなと実感しました。

 

 

そんな言葉をかけてくれた夫、我慢して待っていてくれた息子、忙しい中息子の面倒を見にわざわざ吉祥寺まで来てくれたばぁば、みんなに感謝の1日

 

 

まだまだ始まったばかりだけど、楽しく明るく頑張りたいな。

 

それでは!