治療記録

[治療記録5]8/26-9/1の採卵前ホルモン注射とゴナピュールとテイゾーの違いについて

こんにちは!お久しぶりです。

 

忙しかったのと、なかなか筆が進まないのとで更新がすっかり遅くなってしまいましたが、ようやく予定的にも気持ち的にも少し落ち着いたので治療記録を書いていこうと思います。

 

時系列的には少し戻ってしまうのですがそれでも参考になればと思い書いていくことにします。

 

この間にいろんなことがありましたが最大の出来事と言えば…昨日、採卵を無事(?)に終えてきました!!簡単に終わるものかと思いきや…昨日は私にとっても夫にとっても大変な1日となりました(^^;)

 

採卵についてはまた別の記事にするとして、今回は注射についての治療記録を書きたいと思います。

 

私の注射の日程は前回も書きましたが、

 

8/26 ゴナピュール300

8/28 ゴナピュール300

8/29 テイゾー300

8/31 テイゾー150

9/1 テイゾー150

9/3 血液検査&診察

8/28~9/1はセロフェンを朝昼晩1錠ずつ服用する

 

といった感じでした。

 

注射 ゴナピュールとテイゾーの違い

今までタイミング治療で通っていた病院ではこのテイゾーのみを使っていました。前から思っていたんだけど、テイゾーってなんだか人の名前みたいで愛着がわいてしまう。笑

 

今回はそのテイゾーの前にゴナピュールという注射を打つようなので、何が違うんだろ?と思いちょっとだけ違いについて調べてみました。

 

簡単に言うと、テイゾーにはFSHとLHの両方が入っていて、ゴナピュールにはFSHのみが入っている、ということみたいです。

 

FSHは卵巣刺激ホルモン、LHは黄体形成ホルモンのことで、共に卵巣を刺激するホルモンです。

 

こちらも簡単にいうと、FSHは卵胞を育ててLHは排卵を促すそうです。

 

なんだか、色んな言葉が出てきてよくわからなくなりますよね(^^;

 

テイゾー ゴナピュール
FSH(卵巣刺激ホルモン)
LH(黄体形成ホルモン)

※どちらも卵巣を刺激するホルモン

 

どの注射が一番いいのかということはなく、自分の体のホルモンがどれが足りないから補った方がいいのかとかみんな違うし、同じhmg注射でもメーカによってその含有率が違かったりするようで、どれが自分に合うのかやってみないとわからないそうです。

 

テイゾーに関して言えばFSHとLHの含有率は1:1らしいです。どの注射を選択するのかは、先生の経験と腕にかかっているということですよね><

 

そういう意味ではやはり信頼できる先生に出会えるかどうかってすごく重要なこと。これは不妊治療に限らずのことですが。

 

子連れの通院

8/28~9/1の4回分に関しては、注射のみだったので病院の滞在時間も短く、比較的楽な通院でした。

 

ただ、1日だけ、どうしても息子を預けることが出来ず、連れて行かざるを得ない日がありました。

 

周りに申し訳ない気持ちもあったし息子にも申し訳ない思いでした。

 

子連れで不妊治療専門の病院に行くことについては賛否があると思います。

 

人それぞれ状況は違うし、

 

私は一人目を特に不妊治療をすることなく自然に授かりましたが、二人目で不妊治療がこんなに大変なんだということを知りました。自分の身に起こってみないとわからないことってたくさんある。

 

だから私にはどうやっても一人目の不妊で悩んでる方の気持ちを100%理解することは出来ないし、他の人に二人目不妊で悩んでることは100%わかってもらうことは出来ないと思っています。

 

だからこそ自分が出来得る最大の配慮は必要ですよね。

 

病院で禁止されていない限り、連れて行っても問題はないかもしれませんがそれを当たり前のようにはしたくないし、かと言って子連れを見ても目の敵にしたりはしたくないなぁと思います。

 

理屈ではわかっていても人間ですからね…自分の治療がうまくいってないときに見たらきっといい気分はしないですよね。

 

出来るだけ空いている時間に…と思い、前に午後一番できたときには数人しかいなかったので、15時ちょうど頃に到着するように向かいました。

 

息子には、今日はみんな静かにしなきゃいけないところに行くからおしゃべりは出来ないんだよ。静かに出来る?と散々言い聞かせておきました。

 

予想通り、午後はそこまで混んでなく、注射だけだったのでスムーズに呼ばれて病院での滞在時間は10分くらいでした。

 

普段は常に喋っている息子なので、騒がないか本当に心配でしたが、私の必死さが伝わったのか、ほとんど喋らずにちゃんとお座りしていました。

 

それでもやはりまだ3歳児なので、私の顔を見て喋りたそうにしている息子。

 

アリさんの声でちょっとだけだったら喋っていいよ って伝えたら、一生懸命に口を押さえて、かあさん大好き と、わざわざ伝えてくれました。

 

私もだよっ><!と抱きしめたいのを我慢して、何とか無事に終わり、その日は帰りにヨドバシカメラでご褒美にトミカを買ってあげました。

 

しかし吉祥寺は行き帰りに誘惑が多い。つい買い物したくなってしまう(^^;

 

8/28~9/1までの治療費

8/28 注射代(ゴナピュール150×2管) 5,400円

8/29 注射代(テイゾー150×2管) 5,400円

8/31 注射代(テイゾー150) 2,700円

9/1 注射代(テイゾー150) 2,700円

合計 16,200円(全て自費)

 

うすだレディースクリニックでの治療費合計 62,320円

 

あれ、前の病院でも同じテイゾーだったはずなのに・・・?注射代高いな。前の病院では違う注射だったのかな。と思って領収書を見比べてみると、前の治療は保険適用になっていました。

 

同じテイゾーでもタイミングまでは保険が適用されて、高度不妊治療になるとすべてが自費で保険が適用されないようです。

 

同じ目的のために同じ注射を打っても変わるなんて本当に不思議。お金のことばっかり考えたくないですけど、その線引ってほんと誰が考えているんだろう…って思ってしまった。

 

次の診察

この連日の注射がどれくらい効いているのか、そのチェックをしに9/3に診察に行ってきました。長くなってしまったので、その記録については次回書きたいと思います!