多嚢胞性卵症候群

結婚も視野に入れている彼にPCOSであることを伝えるべき?の答え

PCOSであることを、大好きな彼氏に伝えるべきか悩んでいませんか?

PCOSの宣言をお医者さんからされただけでもショックなのに、それを彼に伝えて拒絶されてしまったらなんて考えたら不安で、言い出せませんよね。

でも、PCOSであることは彼氏にしっかりと伝えるべきです。

PCOSであることは彼氏には伝えるべき理由

まず私のときの話をかるくお伝えします。

私は妻にひとめぼれでした笑 ある日、「私、妊娠しづらい体質だし、赤ちゃんできないかもしれない」って泣きながら伝えられたんです。

それを伝えられたときの正直な気持ちは、「ずっと一人で悩んでたのに、なんで気づいて挙げられなかったんだろう」って思いました。

「赤ちゃんができないかもしれない」このひとことを発するのに、どれだけの勇気を振り絞ったんだろうって思うと、もっと大切にしてあげないとだめだなと。

将来一緒になりたいと思うのであれば、PCOSの治療も、一緒に乗り越えてくれる人と一緒になるべきで、それが彼であってほしいですよね。

すでにあなたが治療に取り組んでいるのなら、その辛さや、孤独は一番よくわかっているんじゃないですかね。

あなた一人の赤ちゃんじゃなくて、愛するひととの赤ちゃんです。結婚を見据えたお付き合いをするならなおさらです。

今すぐではなくても、勇気を振り絞って彼に伝えてください。

PCOSだからといって妊娠できないわけではない

我が家は2人の男の子に恵まれて、毎日がバタバタと過ごしています。

妻は付き合っていたころから、重度のPCOSで私と結婚したいと思い、そこから病院に通いはじめてくれました。

薬が体にあわず、つらそうにしている妻をみているのはこちらも苦しく、結婚してからも治療は続きました。

我が家の場合、1人目は奇跡的にも自然妊娠、2人目は体外受精で授かりました。

PCOSだからといって、妊娠できないというわけでもないので、希望は捨てないでください。

妻も2人目のときにはなるべく自然にという思いがあって、漢方などいろいろな治療を試しましたがだめでした。

生理が来てしまうたびに、涙を流しながらごめんねといってきた姿は生涯忘れることはないです。

体外受精は行為なしに妊娠するので、最初は不安でした。

ですが、生まれてきてくれたことに感謝で、どちらとも最高に愛しています。どうやって妊娠するかは問題じゃないんです。

あなたと愛するパートナーが、どう子供を愛していくかのほうがよほど大切です。

拒否されるかもという不安はあっても伝えるのが愛

「赤ちゃんを授かりにくい」と伝えることは、女性であることを自ら否定するようで、辛いと思います。

正直、言葉では表現することができないレベルの辛さだと思っています。

ですが、大好きな彼だからこそ、しっかりと伝えましょう。まず彼が愛しているのは目の前のあなたです。

将来的に家族が増えるのはそれは嬉しいことです。ですが目の前のあなたが悲しんでいるのに、それを支え、一緒に歩んでいけないなんてことは男としてありえません。

あなた自身がまず、しっっかりと気持ちの整理をつけ、伝えてみてください。

もしこんなふうに言われたどう思うのかといったことがあれば、コメントをいただければ私の視点でよければ回答させていただきます。

なんで自分がPCOSに・・・と感じることもあると思います。

しかし、PCOSがあなたと、愛する彼との絆を深めてくれるという考え方もあると思いませんか?

実際に、我が家は一緒に乗り越えたことで、よりお互いを思いやる気持ちが深まったと確信しています。

PCOSは必ず乗り越えられる、そう思って1日1mmでも前に進んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です